普通は走り出す

公開日:2019年10月25日(金)

イントロダクション
『そして泥船はゆく』や『プールサイドマン』の渡辺紘文監督による長編劇映画。主題歌と劇中歌を奇才・吉田靖直率いるトリプルファイヤーが担当し、映画作りに苦悩し、葛藤する映画監督の姿を現実と虚構を行き来しながら描き、“映画を観る意味、作る意味とは?“を問いかけていく。松本まりか、萩原みのり、古賀哉子ら女優陣が多数出演している。
ストーリー
異才・渡辺紘文監督による映画についての映画

栃木県大田原市在住の映画監督・ワタナベ。彼は、ロックバンド・トリプルファイヤーの楽曲を基にした映画を、“直井さん“なる人物と企画中だ。しかし、企画は進まず、ワタナベは図書館や映画館を徘徊しては、映画界の愚痴をこぼし続ける無為な日々を送り……
キャスト
渡辺紘文
萩原みのり
古賀哉子
加藤才紀子
ほのかりん
黒崎宇則
永井ちひろ
久次璃子
平山ミサオ
松本まりか
スタッフ
[監督][脚本]渡辺紘文

my theater

1タップでかんたん登録!
利用登録(無料) または ログイン
※利用登録にはau IDが必要です。