ハリウッド1969 シャロン・テートの亡霊

公開日:2019年08月30日(金)

イントロダクション
ロマン・ポランスキー監督の妻であった女優、シャロン・テートの最後の日々を描いた人間ドラマ。彼女が1969年にカルト集団に惨殺された実際の事件を題材に、その最後の数日を映し出す。『悪魔の棲む家 REBORN』などのダニエル・ファランズが監督、製作、脚本を務め、女優であり歌手でもあるヒラリー・ダフがシャロン・テートに扮する。
ストーリー
シャロン・テートの最後の日々を描いた衝撃作

妊娠8カ月だった、26歳の女優シャロン・テート。彼女はカリフォルニア州シエロ・ドライヴ10050番地にある、丘の上に建てられたプール付の豪華な邸宅に、新婚の夫であるロマン・ポランスキーと暮らしていた。公私ともに順調であるかに見えた彼女だが……
キャスト
ヒラリー・ダフ
ジョナサン・ベネット
リディア・ハースト
スタッフ
[監督]ダニエル・ファランズ

my theater

1タップでかんたん登録!
利用登録(無料) または ログイン
※利用登録にはau IDが必要です。