さよなら、退屈なレオニー

公開日:2019年06月15日(土)

イントロダクション
第31回東京国際映画祭で『蛍はいなくなった』のタイトルで上映され、好評を博したカナダ製の青春ドラマ。無為に時間を潰しているティーンの少女が少しずつ前を向いていく、成長の過程をリアルに描き出す。監督を務めたセバスチャン・ピロットと主演を務めたカレル・トレンブレイは共にカナダ出身の注目株。全編を彩るカナダ産ロックにも注目を。
ストーリー
鬱屈の日々から抜け出したい!17歳の心情を活写

高校卒業をひと月後に控えたケベック在住の17歳の少女レオニー。毎日が退屈で、しかし何をしたいのかわからない日々に、彼女はイライラし続けていた。そんなある日、町のダイナーで年上のミュージシャン、スティーブと出会い、彼からギターを教わりはじめる。
キャスト
カレル・トレンブレイ
ピエール=リュック・ブリラント
リュック・ピカール
フランソワ・パピノー
マリー=フランス・マーコット
スタッフ
[監督]セバスチャン・ピロット

my theater

1タップでかんたん登録!
利用登録(無料) または ログイン
※利用登録にはau IDが必要です。