auスペシャルサイト

アルキメデスの大戦

SATCH Viewer

映画「アルキメデスの大戦」の世界観を存分に味わえる特別ARコンテンツ≪”アルキメデスの大戦”への扉≫

  • 自宅や公園などの空間でARカメラを起動すると、謎の扉が表れ、おそるおそる扉に入っていくと…そこは、「戦艦大和」の甲板だった!
  • 扉から出たり入ったりするたびに「戦艦大和」の状況が刻々と移り変わっていく様子が楽しめる史上最大規模の本格ARアトラクション!
  • 実際に映画で使用されたCG映像をベースに、そのド迫力を身近に味わうことができます!
  • SATCH Viewerアプリのダウンロードが必要です。

auシネマ割

『アルキメデスの大戦』コラボシネアド公開

「auシネマ割」なら
いつでも映画鑑賞料金が
1,400円!(大人料金/税込)

ブックパス

原作コミックブックパスにて配信中!

©三田紀房/講談社

最新刊を含む全巻、好評配信中!

  • ブックパス会員登録が必要です。

大人にイイコト

『アルキメデスの大戦』映画公開インタビュー

映画にドラマ、CMとまさに八面六臂の活躍をみせる菅田将暉さん。観る者の期待をいい意味で裏切り続ける〝旬〟な演技派スターにこの夏、公開の主演映画『アルキメデスの大戦』について伺いました。

──今回の作品は、戦艦大和をめぐる頭脳戦といった趣き。これまでの「戦争モノ」とはちょっと毛色が違いますよね。
 そうなんです。時代背景としての戦争はもちろん描かれてはいますけど、主人公・櫂の戦う相手は、会議室の机ひとつを挟んだすぐ反対側にいる。いまの価値で2千億円近い国家予算を動かそうっていう偉い人たちが戦艦をめぐって子どものような喧嘩をしちゃう。そこにある生々しさや人間味は、現代に生きる僕らにも、少なからず通じるものがありますしね。
──そんな会議の中心となる海軍上層部の面々を演じるのは橋爪功さんや舘ひろしさん、國村隼さんといった大ベテランばかり。現場はいかがでした?
 いやもう、すごく勉強になりましたし、楽しかったです。みなさん、経験豊富な猛者だけあって、顔のシワや表情に生きざまがにじみ出てるって言うのかな。言葉づかいや所作の一つひとつが、すごく自然できれいなんですね。橋爪さんは「俺はごまかすのが上手いだけや」なんておっしゃってましたけど、絶対そんなことはない(笑)。お芝居すべてに、僕らには出せない説得力を感じましたね。
──菅田さん自身には、今回の共演者の方々のような人生の先輩と接するときにする心構えのようなものはありますか?
 とくに意識したことはないですけど、実際に話すと絶対に興味が湧くので、そこは素直に聞いてみるってことですかね。今回の作品では、俳優部だけでなく、軍事や数学の専門家、造船技師さんといった諸先輩方のお力もお借りしていますが、どの方と話しても必ず想像以上の話が返ってくる。その方にとってはただの事実でしかないことでも、知らない僕らには、知的好奇心を揺さぶられるすごい話だったりもしますしね。
──「大人にイイコト」をご利用の方の読者はまさにそうしたシニア世代が中心です。最後にこれから劇場に足を運ぶ方にメッセージをお願いします。
 ご家族と一緒に観ていただいて、観終わったあとにはぜひたくさん会話をしてほしい。戦争体験に限らず、下の世代が知らないいろんなことをお子さんやお孫さんに話してあげてほしいです。皆さんの言葉をちゃんと受けとって、その次の世代に還元していくことが僕らの役割。そのためのツールやきっかけとして、この作品が皆さんのもとに届けばうれしいです。

うたパス

菅田将暉「LOVE」配信中 Myうた登録でポスタープレゼント!

  • うたパス会員登録および
    「うたパス」アプリダウンロードが必要です。

作品情報

CAST・STAFF
菅田将暉/柄本佑/浜辺美波/笑福亭鶴瓶/小林克也/小日向文世/國村隼/橋爪功/田中泯/舘ひろし/監督 脚本 VFX:山崎貴/原作:三田紀房『アルキメデスの大戦』(講談社「ヤングマガジン」連載)/音楽:佐藤直紀/制作プロダクション:ROBOT/制作協力:阿部秀司事務所/東宝映画/製作:「アルキメデスの大戦」製作委員会/配給:東宝
STORY
これは、帝国海軍という巨大な権力に立ち向かい、数学で戦争を止めようとした男の物語。


1933年(昭和8年)。欧米列強との対立を深め、軍拡路線を歩み始めた日本。海軍省は、世界最大の戦艦を建造する計画を秘密裏に進めていた。
だが省内は決して一枚岩ではなく、この計画に反対する者も。「今後の海戦は航空機が主流」という自論を持つ海軍少将・山本五十六は、巨大戦艦の建造がいかに国家予算の無駄遣いか、独自に見積もりを算出して明白にしようと考えていた。
しかし戦艦に関する一切の情報は、建造推進派の者たちが秘匿している。必要なのは、軍部の息がかかっていない協力者…。山本が目を付けたのは、100年に一人の天才と言われる元帝国大学の数学者・櫂直。
ところがこの櫂という男は、数学を偏愛し、大の軍隊嫌いという一筋縄ではいかない変わり者だった。頑なに協力を拒む櫂に、山本は衝撃の一言を叩きつける。
「巨大戦艦を建造すれば、その力を過信した日本は、必ず戦争を始める」…この言葉に意を決した櫂は、帝国海軍という巨大な権力の中枢に、たったひとりで飛び込んでいく。天才数学者VS海軍、かつてない頭脳戦が始まった。
同調圧力と妨害工作のなか、巨大戦艦の秘密に迫る櫂。その艦の名は、【大和】…。

注意事項
対応端末
auスマートパス/auスマートパスプレミアム対応端末について、詳しくはこちらからご確認ください。
当選発表
当選者の発表は、試写状またはプレゼントの発送をもって、代えさせていただきます。
個人情報について
ご応募頂いた個人情報は、お客様からのお問い合わせ運営業務、及び弊社内の統計資料のために利用させて頂きます。
また、お預かりした個人情報は弊社のプライバシーポリシーに従い、お客様の同意なしに業務委託先以外の第三者に開示・提供することは一切ございません。
個人情報取得に関してご了承が頂ける場合のみ「応募する」のボタンを選択してください。
利用規約
利用規約について詳しくはこちらからご確認ください。
試写会・イベントの実施について
天災などの緊急事態発生により、試写会・イベントの実施が困難な場合、開催を中止させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。
お問い合わせ窓口

【受付時間】平日10:00 ~ 18:00